FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/02/04.Wed

読了

重松清 「星に願いを さつき断景」

やっぱり重松清の本はよい この本はあっという間に読めてしまう

1995年から2000年までの 数人の物語
各年の5月1日が話のポイント かな

1995年といえば 阪神大震災 地下鉄サリン事件

そしてその後日本ではわけのわからない凶悪な事件が次々と起こる

おそらく そんな日本に対して 何かしらのメッセージを投げかけたかったんじゃないかと

そんな気がする

重松清の本は本当おすすめ

流星ワゴン 君の友だち は秀逸
スポンサーサイト
ブログ | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 結局… | HOME | 読書再開 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。